マーケティング全般

差別化できていない税理士でも集客・営業で成功できる方法

 

税理士にとって、「差別化」って、本当に難しいですよね。

国家資格である以上、求められる役割や機能は同じはずなわけで、
お客様から「他の先生と何が違うんですか?」と聞かれると、
困ってしまう先生も多いのではないでしょうか。

差別化することができていない税理士の先生でも、
集客・営業で成功する確率の高い方法を本日はお伝えいたします。​​​​​​​

それは集客のターゲットを、新設法人や起業・開業したばかりの社長にターゲットを絞ることです。

まずは、社長の状況を表した下記の図を見てください。

縦軸は社長の税理士との関与度、横軸は、社長の税務・会計の知識を表しています。

先生が提供している税務・会計のサービスレベルが仮に7とします。

すでに開業後10年目の社長に営業をしたとしましょう。
その社長が感じるサービスレベルは7、もしくは、それ以下でしょう。

既に税理士から税務・会計のサービスを受けたことがあれば、大きく機能が変わらなければ、社長が感じるサービスレベルは上がりません。

もちろん、以前の税理士と同じ内容で価格を下げたり、同じ価格で訪問の頻度を上げたりすれば、社長は選んでくれるかもしれません。

しかし、どちらも単なる「価値の値下げ」であって、世の中に価値を生み出していることにはなりません。

よって、長続きしません。事務所が繁盛貧乏に陥っていくきっかけを作ってしまいます。

もし、税理士と既に付き合っている社長を集客したいのであれば、会計事務所が提供するサービス内容を競合の事務所と変えるべきです。

しかし、新しい機能を習得するには時間がかかります。

では、すぐに集客で結果を出したい税理士の方はどうすればいいのか?

そのような方は、まず起業・開業者や、法人になったばかりの社長をターゲットに集客をすると良いでしょう。

起業・開業者や、法人になったばかりの社長は、税務・会計の知識に詳しくありません。

先生がサービスレベル7の税務・会計の仕事を提供したとして、社長にとっては8にも、9にも、10にもなるでしょう。

同じサービスを提供した場合でも、熟練の社長に対してと、まだ開業したばかりの創業社長とでは、集客のしやすさが全く異なります。

これまで集客・営業の経験が無い、もしくは、少ない先生は、創業者をターゲットにした集客・営業から実施してみてはいかがでしょうか。

 

本記事記載の情報に関して、信頼性の向上に最善を尽くしておりますが、その正確性を保証するものではありません。ご了承ください。