新規集客

普通の税理士さんがブルーオーシャンを作る秘訣

From:自宅の仕事部屋から

 

おはようございます。

 

税理士専門マーケティングメディア

Zema-ke(ゼ・マーケ)を運営する山本雄幸です。

 

今日は

 

普通の税理士さんがブルーオーシャンを作る秘訣

 

についてお伝えいたします。

 

まず、結論からお伝えします。

 

あなたのブルーオーシャンを作るには

 

ニッチマーケティングファネル

 

をつくることが一番の近道です。

 

ニッチマーケティングファネル

私の造語です。

 

私がこれまで

3,000件以上の顧問契約獲得してきたノウハウ

一言であらわしたものです。

 

ニッチマーケティングファネルの詳しい作り方は

このメールマガジンを通じて

順を追ってお伝えしていきます。

 

多くの税理士さんが

良いサービスを扱えば顧客が増える

思っています。

 

税務・会計のサービスだけでは

集客する自信が持てないからです。

 

目新しいサービスを

扱うことにやっきになってしまいます。

 

サービス至上主義ともいえるこの考え方は

あなただけのブルーオーシャンを

つくる上で得策ではありません。

 

なぜなら

おおよの新サービスは簡単に真似されやすく

新しい競合がすぐ出てくるからです。

 

しかも、このサービス至上主義に陥ると

常に新しいサービスの仕入れに

さまようことになります。

 

そして、新しいサービスの仕入れが困難になると

値下げして顧客を集めようとします

 

結果、繁盛貧乏へと進んでいってしまうのです。

 

これは、

サービスだけで売ろうする考え方

原因があります。

 

これでは、

ブルーオーシャンをいつまでたっても

つくることはできません。

 

本当に税務・会計だけのサービスでは

顧客は獲得できないのでしょうか?

 

税務・会計のサービスは

そんなに価値の無いものなのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

日本中の中小企業にとって

なくてはならないサービスが

税務・会計サービスです。

 

税務・会計サービスが

昔より売れなくなっている原因は

税理士さんの売り方が時代とマッチしていないだけです。

 

では、どうすればいいのか?

 

マーケティングの仕組みで差別化するのです。

 

それが、ニッチマーケティングファネルです。

 

マーケティングの仕組みは

表からは見えにくいため

真似されにくいのが特徴です。

 

しかも

マーケティングすることに慣れていない税理士業界では

始めるだけで差別化になります。

 

ニッチマーケティングファネルを

もう少し解説します。

 

それは

 

①ニッチを攻めること

 

 

②マーケティングファネルを持つこと

 

を同時に行うマーケティング手法です。

 

ニッチというのは

 

より特定の人にフィットする

税務・会計サービスの提供に舵を切ることです。

 

これからのメルマガで

あなたならではのニッチの見つけ方も

詳しくお伝えしていきます。

 

マーケティングファネルというのは

 

「あなたからならサービスを買ってもいい」と思う人を

常に作り続ける仕組みのことです。

 

こちらも、今後のメルマガで

具体的な方法についてお伝えします。

 

そんなに難しくありませんので

心配しないでください。

 

私は、新しい独自サービスを持つことに

否定的なわけではありません。

 

ニッチマーケティングファネルを持ちながら

新しい独自サービスが手に入れば

鬼に金棒とも言える状況になれます。

 

お伝えしたいのは

会計事務所の経営を支えるものが

ニッチマーケティングファネルであることに間違いは無い

ということです。

 

まとめますと

普通の税理士さんが

ブルーオーシャンを作る秘訣は

 

ニッチマーケティングファネル

 

を事務所に導入することです。

 

サービス至上主義ではなく、マーケティングの仕組み構築主義へ

 

不特定多数にではなく、一握りの方々へ

 

この2つをどうか忘れないください。

 

税理士業界でのニッチマーケティングファネルについて

私たちZema-ke(ゼ・マーケ)が日本で一番ノウハウと実績があると

自負しています。

 

明日のメールマガジンから

 

より具体的にその作り方を解説していきます。

☆10/30申込分まで初月無料☆

☆無料☆税理士業績UPメルマガ