ウェブマーケティング

税理士におすすめのホームページ制作システム3選!

 

こんにちは!

ベンチャーフォワードの山本です。

今日も、九段下のオフィスから

成果につながる集客・営業ネタをお届けいたします!

 

マーケティングは所長の重要なお仕事です。

マーケティングの手綱(コントロール)はご自身で

握っておける状況が最も理想です。

マーケティングには

度重なるテストによる修正が発生します。

ホームページでのマーケティングも、

もちろん同様です。

 

ご自身が自由自在に操作できるホームページ制作システムを選ぶことで、事務所のマーケティング力は上がります。

なぜなら、

外注する場合よりテスト準備の期間が短くなり

テストの結果が早く出て

早く改善策を打てる

からです。

 

クライアント様の

マーケティングの自計化を意識している私たちが、

税理士の皆様が知識無しでも扱うことのできる、

ぜひおすすめしたいホームページ制作システムを厳選して3つ

ご紹介させて頂きます。

 

ホームページ制作システムを選ぶときの3つの視点

まず、マーケティングをご自身で行うことを前提とした場合に、

ホームページ制作システムを選ぶときのポイントについてお話させて頂きます。

 

1.知識無しでもセールスページが作りやすいか?

問合せを出すために必ず必要なページは

「セールスページ」

です。

広告中心で集客するにしろ

SEO中心で集客するにしろ

既にリストを持っていて、メールで集客するにしろ

 

見込客にセールスページを見せなければ、問合せにいたりません。

 

セールスページは、

あなたの代わりにお客様にサービスを説明し「申込みたい!」と思わせる役割を担います。

 

セールスページは、

文字の大きさや写真の配置、色合いなど工夫する必要があります。

これは単なるブログ機能で作るページでは間に合いません。

知識無しで、ページのデザインを自在に変更できるシステムが必要です。

 

2.知識無しでもブログ記事の更新がしやすいか?

WEBマーケティングにおいて、記事更新によるSEO対策で、自然検索からのアクセスを育てる(増やす)ことは必須です。

なぜならば、

リスティング広告費用が高騰し、リスティング広告でアクセスを獲得する費用対効果はどんどん落ちています。

リスティング広告だけに依存していた事務所の多くが、今痛い目を見ています。

逆に、

記事の更新により、SEO対策により、アクセスアップの種を蒔いていた事務所が、安定して集客できています。

リスティング広告はこれからも必要ですが、SEO対策も不可欠です。

記事の更新のしやすさを重視してWEB制作システムを選びましょう。

3.スマートフォン対応のデザインが調整しやすいか?

今、パソコンよりスマートフォンでインターネット検索を行うユーザーの方が圧倒的に多いため、スマートフォンにあわせてデザインの見栄えが調整されるレスポンシブ対応を必ず選びましょう。

また、できれば、自動調整だけでなく、スマートフォンで見た際の見た目を編集できるシステムであれば、なおのこと良しです。

 

セールスページ、ブログの両方を活用しマーケティングしたい方向け

セールスページとブログの両方で、自由自在にマーケティングをしたい方におすすめなのが、Wix(ウィックス)です。

Wixのホームページはこちら

 

Wixはイスラエルの企業が提供するホームページ制作システムで、

世界190ケ国以上、1億人以上が利用する、ホームページ制作システムです。

ここ数年、世界的にもシェアを伸ばしてきてます。

ドラッグ&ドロップだけでサイトのデザインが行えます。

HTMLやCSSのような知識が全く無くても利用することが可能です。

サイト編集の自由度が非常に高く、セールスページをつくるのに十分です。

スマートフォンで見た場合の見え方を、パソコンで見た場合の見え方とは異なって編集できるため、サイズが自動変換されるレスポンシブ対応と比べ、スマートフォンユーザーに見やすいページを作ることが可能です。

 

また、ブログ機能の実装も非常に簡単で、継続的なブログ記事更新によるSEO対策にもおすすめです。

ひと昔前は、ワードプレスがSEO対策に強いという評判もありましたが、

今では、検索エンジンの評価はブログ記事の内容・情報量を最も重視しているため、どのシステムを使うかによって、大きな差が出にくくなっています。

地域名でSEO対策するくらいであれば、全然問題ありません。

むしろ、

Wixはグーグルと提携する世界唯一の検索エンジンで、サイトが検索エンジンに登録されるスピードは、Wixが最も早いと言っても過言ではありません。

 

無料プランから利用することが可能です。

サーバーの用意は一切不要で、ドメインも必要ありません。

※ご自身で取得した独自ドメインを接続することはもちろん可能です。

セキュリティに強い証である、SSL対応が初期設定からなされているため、SEO対策にも効果的です。

※SSL対応は検索エンジンからの評価に影響を与えるため、必ずSSL対応しましょう。

セールスページ、ブログの両方を活用しマーケティングしたい方は、Wix(ウィックス)がおすすめです。

 

セールスページだけ必要な方向け

既にアクセス数のあるサイトを所持していたり

既にメール送付先のアドレスを持っていたり

また、SEO対策は一旦置いといて、まず広告だけで集客したい

この場合はセールスページがあれば、マーケティングを開始できます。

セールスページだけ作りたいという方は、

引き続き前述のWixか、今からご紹介するペライチがおすすめです。

ペライチのホームページはこちら

ペライチは日本の企業が提供するシステムでWixと同様、ドラッグ&ドロップでサイトを編集することが可能です。

ペライチもデザインの自由度はかなり高いです。

スマートフォン対応されていますが、スマートフォンで見た場合の画面だけ編集することはできません。

ペライチはブログ機能をつけることができないため、

セールスページだけ必要な方におすすめのホームページ制作システムです。

Wixと同様、無料プランから利用することが可能です。

サーバーの用意は一切不要で、ドメインの取得も必要ありません。

※ご自身で取得した独自ドメインを接続することはもちろん可能です。

セキュリティに強い証である、SSL対応が初期設定からなされているため、その点ユーザーからの見栄えもいいです。

 

セールスページは外注し、ブログだけ作りたい方向け

 

ブログだけ作り、SEO対策中心でマーケティングしたい

ブログは自前で、セールスページだけ外注したい

 

そのような方はWordPress(ワードプレ)が良いでしょう。

WordPress(ワードプレ)のホームページはこちら

 

WordPress(ワードプレ)は、日本で最も使われているホームページ制作システムです。

ワードプレスは、いろいろなテーマという既定のワードプレステンプレートが出回っており、無料で使えるものも多くあります。

HTML、CSSの知識が無くても、サイトをオープンできるものあります。

ブログ記事だけ更新できれば良いという方におすすめです。

サイトのアクセス数が莫大になったときでも、適切な表示速度を維持しやすいのはワードプレスです。

そのため、

もしあなたが地域名を中心とした地域SEO対策ではなく、全国を対象としたメディアサイトを運用したい場合は、ワードプレスがおすすめです。

 

Wix、ペライチ同様、無料から利用することが可能です。

サーバーやドメインの手配が必要になります。

また、セキュリティに強いSSL対応は自分で行う必要があります。

※SSL対応は検索エンジンからの評価に影響を与えるため、必ずSSL対応しましょう。

まとめ

以上、

税理士におすすめのホームページ制作システム3選!

についてお話させて頂きました。

 

マーケティングの手綱をご自身が握れることは、

事務所のマーケティング力を上げるためにとても大切です。

今、HTML、CSSの知識が全くなくても

ホームページを作れるシステムが、今日ご紹介したもの以外にもたくさん出ています。

ぜひ、ご自身で運用できるものも検討してみてください。

 

上記を実践され、少しでも集客の成果が向上されば、

これ以上嬉しいことはありません。

ぜひ、実践してみてください。