経営

企業の価値とは?顧問先の企業価値が向上する4つのポイント

田中英司(ゼマーケ特別執筆協力者)より

前回号では、クライアントに対して【規模拡大を目指す計画書】ではなく、【企業価値を向上させる計画書】の提案をお願いしました。

前回号は下記からご覧いただけます。

ここでは、企業価値の向上策について、整理いたします。

 

■企業価値を向上させるための4つのポイント!

◆1.脱・売上至上主義!

・売上の大きさではなく利益の大きさが重要

・同じ利益なら、売上は小さいほうが良い

売上には高品質な売上と安物の売上があります。企業価値は売上の純度に相関します。売上の純度が高い企業ほど、その企業価値は高くなります。

売上の純度を高める経営、純度の低い売上を取り除く経営を提案してください。企業価値が向上します。

 

◆2.売り切りから継続販売、継続的なサービス提供へ!

・所有から利用へ、顧客ニーズは変わってきた
・一過性の売上より、継続する売上の方が良い
顧客ニーズは、所有から利用へと変わってきました。経営的にも、売切りの一過性の売上よりも、継続的な売上の方が安定します。
また、継続的に利用してもらうためには、商品やサービスに進化・発展が求められます。
継続的な集金モデルを有する企業には、それに相当する企業価値が与えられます。
提案してください。

◆3.持たざる経営への移行!

・総資産の大きさではなく純資産の大きさが重要

・同じ利益なら、従業員は少ない方が良い

・同じ費用総額なら、固定費は小さく、変動費が大きい方が良い

 

資産には価値ある資産とそうでない資産があります。企業価値は資産の純度に相関します。資産の純度が高い企業ほど、その企業価値は高くなります。

資産の純度を高める経営、純度の低い資産を持たない経営を提案してください。企業価値が向上します。

 

◆4.良い事業立地を選定する!

・どこにでもある事業ではなく、レアな事業を行う方が良い

・飽和した成熟市場を攻めるより、成長性のある市場の方が良い

・相対的優位に立てる市場が面白い

 

事業は、いかに上手に運営するか(マネージメント)の前に、どんな事業をするか(事業立地の選定)が重要です。

取り組む事業を間違えたら、経営の成果、企業の価値向上は限定的です。

企業価値を高くとるためには、事業立地の選定が重要です。

提案してください。

 

◎企業の規模ではなく、企業の価値に重点を置いた経営に移行することをクライアントには提案してください。そのためにも、事業計画書を作る、又は、作り直すことを勧めてください。
その事業計画書は、【規模拡大を目指す計画書】ではなく、【企業価値を向上させる計画書】にしてください。

 

☆この記事を御覧くださった方へのお知らせ☆

当記事の執筆者田中英司様と共同企画でスタートさせて頂いたCVC研修のお知らせです。

経営支援型会計事務所スタートプログラムCVC研修
(チェンジ&バリューアップコンサルティング研修)

本研修には 満足度保証として20日以内にご連絡頂いた場合、全額をご返金する全額返金保証をお付けしております。

 

サービスの内容に自信があるのはもちろんのこと、本プログラムの導入に対するリスクを極力低くし、なるべく多くの会計事務所様に「シンプルで高収益な経営」を目指す経営指導指針をご導入頂き、顧問先様に広めて頂きたい と思っています。

→詳しくはこちら

本研修をご受講頂くと 、下記のような様々な形での経営支援を行って頂けるようになります。

 

①個別コンサルティング型

②経営Eラーニングを活用した経営会議支援型

③セミナー等 による研修支援型

④経営Eラーニングの提供による自主学習支援型

 

また、上記のような具体的経営サポートとしてではなくても税務顧問の延長として経営相談に乗って頂くだけでも

 

・顧問先様の業績向上

・顧問先様との信頼関係構築

・経営の専門家としてのポジ ション確立

・顧問先の満足度アップ

 

につながります。

なにより、ご自身の事務所経営に「シンプル&高収益」という経営方針を導入して頂き自事務所の業績UPにも役立ちます。

 

詳しくは下記ページに記載しておりますのでご興味ございましたらご確認頂けましたら幸いです。

→詳しくはこちら