Mission

~ゼ・マーケが目指す未来~

仕事理念

私たちの得意分野「マーケティング」の力で
税理士の未来と
社会の発展に貢献する

理念実現のために

所長税理士総マーケッター化を最終目標に
良質なマーケティング学習、実践サポートを提供する
そして、初期目標として1,000人のマーケッター税理士創出に貢献する

マーケティングとは?
よくある誤解・・・

マーケティングは「売ること」や「広告を打つこと」だけだと誤解されがちです。しかし、そうではありません。下記をご覧ください。

アメリカ・マーケティング協会の定義
「マーケティングとは、クライアント、パートナー、社会に価値のあるものを創造し、伝え、届け、交換するための活動であり、一連の制度、そしてプロセスである。」

日本マーケティング協会の定義
「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。」

フィリップ・コトラー(現代マーケティングの第一人者)の定義
「マーケティングとは、製品と価値を生み出して他者と交換することによって、個人や団体が必要なものや欲しいものを手に入れるために利用する社会上・経営上のプロセスである。」

以上の内容から、マーケティングとは「顧客理解→適切なサービス創造→届ける活動」が一体になったものだと言えます。
マーケティングが活発になることにより、より適切なサービス・サポートが世の中に生まれ・広がっていくことになるのです。

所長税理士総マーケッター化が
日本を元気にする理由

日本の企業数(個人事業含む)における税理士関与率は80%以上と言われています。
日本の企業に対して、これほど関与率の高い組織・団体は日本中見渡してもそうはありません。
想像してみてください。所長税理士の皆様が「顧客理解→適切なサービス創造→届ける活動」を継続的に実践することで、企業に充実したサービスがどんどん届いたならば、どれほどのインパクトがあるでしょうか?
また、所長税理士の皆様がマーケティングを自ら実践するだけでなく、その経験・ノウハウをクライアント様をはじめとした企業にシェアしたら、どれほどのインパクトがあるでしょうか?
所長税理士の皆様がマーケティングを実践し、ご自身が豊かになりながら、その経験を周りにシェアしていくことで、日本を元気にできると私たちは信じています。